So-net無料ブログ作成

手作りダイヤモンド絵画セット&オーストラリア「キングス・キャニオン、ノーザン・テリトリー」

DSCN3847_R.jpg
クロスステッチ刺繍?。

DSCN3853_R.jpg
いいえこれはダイヤモンド絵画と言われるビーズを使った製品です。

DSCN3855_R.jpg
カラーで図案が印刷された布の表面には粘着性の強い接着剤が塗られています。約2mmほどの多角形のプラスチックビーズを根気よくカラーチャートに合わせて置いていきます。




DSCN3846_R.jpg
ビーズの形はキットによって様々です。

DSCN3845_R.jpg
出来上がると表面がキラキラして、クロスステッチ刺繍とはまた違ったおもむきが有ります。





今回のオーストラリア1周語学研修旅行の訪問地は
エアーズロックキングス・キャニオンです。




DSCN2281_R.jpg
エアーズロック空港経由でエアーズロックに到着。

DSCN2288_R.jpg
赤い岩肌が特徴の一枚岩です。
エアーズロックは別名ウルル呼ばれアボリジニの人々の聖地と言われています。

「私達は、ウルルに登りません。どうかエアーズロック(ウルル)に登らないで下さい」アボリジニの人々は大勢の観光客がエアーズロックに登る事を望んでいません。アボリジニの人々の訴えもあり、実際登山を希望する観光客がが年々少なくなりエアーズロックを訪問した観光客の30%程に減少しているそうです。このまま減少が進むと「アボリジニの人々の聖地」として国立公園管理局が観光客の完全登山禁止を決定する日もそう遠くなさそうです。
アボリジニの人々の聖地に登るとい事を意識し、ゴミを捨てたり汚したりしないように心がけたいものです。
今回は少し天候も悪く、あえて登山はしませんでした。

DSCN2290_R.jpg
夕焼けがとても綺麗で感激!。

DSCN2293_R.jpg
アリススプリングスに向かう途中にあるキングス・キャニオン・リゾートホテルに一泊。


DSCN2303_R.jpg

DSCN2385_R.jpg
ホテルのバス運転手さんのガイドで谷底を気軽に歩けるキングス・キャニオン・ウォーク(Kings Creek Walk)にいきました。

DSCN2316_R.jpg
赤土の道を歩きます。

DSCN2318_R.jpg
コースの案内表示板。
距離と所要時間が書いてあります。


DSCN2334_R.jpg

DSCN2336_R.jpg

DSCN2319_R.jpg
後ろの天然の階段状になった小さな山を登っている人達が見えます。

DSCN2367_R.jpg
案外と勾配がきついので登山はパスしました。


DSCN2345_R.jpg

DSCN2341_R.jpg
運転手さんが色々と説明してくれます。

DSCN2343_R.jpg

DSCN2375_R.jpg
すっかり自然に溶け込んでいるトカゲ達。

DSCN2364_R.jpg


DSCN2333_R.jpg
さあ、頑張って歩きましょう。

DSCN2348_R.jpg

DSCN2350_R.jpg
まさに自然が作った彫刻ですね。

DSCN2354_R.jpg

DSCN2329_R.jpg

DSCN2388_R.jpg
楽かったツアーも終わり、そのままアリススプリングスにバスで向かいました。

DSCN2394_R.jpg
人目を引く黄色い冠羽を持つオウム、キバタン

DSCN2410_R.jpg
アボリジニの人達とも楽しいひと時を過ごしました。



「キングス・キャニオン、ノーザン・テリトリー」
オーストラリア政府観光局公式サイトはこちら



夏の風物詩ネコちゃんダレダレ寝姿紹介。
DSCN3682_R.jpg
ツムジくん
気持ち良さそうですね。

DSCN3694_R.jpg
プリッツエル王子
横に出ているフワフワ尻尾が可愛い。

DSCN3756_R.jpg
あまぐり君
へそ天で完全に無防備です。

CIMG1466_R.jpg
みよ子お嬢さん。
「家庭内野良猫」
みよ子お嬢さんは決してダレた寝姿は見せてくれません。







PHTO0054バナー.jpgにほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ

ブログランキング参加中。下のボタンをプッシュしてね。


                   にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ


nice!(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー