So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

手作りダイヤモンド絵画セット&オーストラリア「キングス・キャニオン、ノーザン・テリトリー」

DSCN3847_R.jpg
クロスステッチ刺繍?。

DSCN3853_R.jpg
いいえこれはダイヤモンド絵画と言われるビーズを使った製品です。

DSCN3855_R.jpg
カラーで図案が印刷された布の表面には粘着性の強い接着剤が塗られています。約2mmほどの多角形のプラスチックビーズを根気よくカラーチャートに合わせて置いていきます。




DSCN3846_R.jpg
ビーズの形はキットによって様々です。

DSCN3845_R.jpg
出来上がると表面がキラキラして、クロスステッチ刺繍とはまた違ったおもむきが有ります。





今回のオーストラリア1周語学研修旅行の訪問地は
エアーズロックキングス・キャニオンです。




DSCN2281_R.jpg
エアーズロック空港経由でエアーズロックに到着。

DSCN2288_R.jpg
赤い岩肌が特徴の一枚岩です。
エアーズロックは別名ウルル呼ばれアボリジニの人々の聖地と言われています。

「私達は、ウルルに登りません。どうかエアーズロック(ウルル)に登らないで下さい」アボリジニの人々は大勢の観光客がエアーズロックに登る事を望んでいません。アボリジニの人々の訴えもあり、実際登山を希望する観光客がが年々少なくなりエアーズロックを訪問した観光客の30%程に減少しているそうです。このまま減少が進むと「アボリジニの人々の聖地」として国立公園管理局が観光客の完全登山禁止を決定する日もそう遠くなさそうです。
アボリジニの人々の聖地に登るとい事を意識し、ゴミを捨てたり汚したりしないように心がけたいものです。
今回は少し天候も悪く、あえて登山はしませんでした。

DSCN2290_R.jpg
夕焼けがとても綺麗で感激!。

DSCN2293_R.jpg
アリススプリングスに向かう途中にあるキングス・キャニオン・リゾートホテルに一泊。


DSCN2303_R.jpg

DSCN2385_R.jpg
ホテルのバス運転手さんのガイドで谷底を気軽に歩けるキングス・キャニオン・ウォーク(Kings Creek Walk)にいきました。

DSCN2316_R.jpg
赤土の道を歩きます。

DSCN2318_R.jpg
コースの案内表示板。
距離と所要時間が書いてあります。


DSCN2334_R.jpg

DSCN2336_R.jpg

DSCN2319_R.jpg
後ろの天然の階段状になった小さな山を登っている人達が見えます。

DSCN2367_R.jpg
案外と勾配がきついので登山はパスしました。


DSCN2345_R.jpg

DSCN2341_R.jpg
運転手さんが色々と説明してくれます。

DSCN2343_R.jpg

DSCN2375_R.jpg
すっかり自然に溶け込んでいるトカゲ達。

DSCN2364_R.jpg


DSCN2333_R.jpg
さあ、頑張って歩きましょう。

DSCN2348_R.jpg

DSCN2350_R.jpg
まさに自然が作った彫刻ですね。

DSCN2354_R.jpg

DSCN2329_R.jpg

DSCN2388_R.jpg
楽かったツアーも終わり、そのままアリススプリングスにバスで向かいました。

DSCN2394_R.jpg
人目を引く黄色い冠羽を持つオウム、キバタン

DSCN2410_R.jpg
アボリジニの人達とも楽しいひと時を過ごしました。



「キングス・キャニオン、ノーザン・テリトリー」
オーストラリア政府観光局公式サイトはこちら



夏の風物詩ネコちゃんダレダレ寝姿紹介。
DSCN3682_R.jpg
ツムジくん
気持ち良さそうですね。

DSCN3694_R.jpg
プリッツエル王子
横に出ているフワフワ尻尾が可愛い。

DSCN3756_R.jpg
あまぐり君
へそ天で完全に無防備です。

CIMG1466_R.jpg
みよ子お嬢さん。
「家庭内野良猫」
みよ子お嬢さんは決してダレた寝姿は見せてくれません。







PHTO0054バナー.jpgにほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ

ブログランキング参加中。下のボタンをプッシュしてね。


                   にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ


nice!(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ピーターラビットがお出迎え・オーストラリア一周(シドニー&メルボルン・バララット))


DSCN3601_R.jpg
今製作中のピーターラビット関係の刺繍です。

[黒ハート]自分でたまごを抱える場所を探して森に入ったアヒルのジマイマ

DSCN3602_R.jpg
[黒ハート]アヒルのジマイマキツネの紳士にだまされて森の中へと連れて行かれます。
あぶないよ、ジマイマ!!。



我が家に有るピーターラビットの飾り皿です。
有名なシーンがプリントされていています。

DSCN3556_R.jpg

DSCN3557_R.jpg
[黒ハート]ピーターラビットといとこのベンジャミン・バニーは怖ーいマクレガーさんの畑に入って大変な事を仕出かしました。



DSCN3553_R.jpg

DSCN3554_R.jpg
[黒ハート]マクレガーさんの畑にピーターの青い服が見せしめの為に棒に引掛けてあります。
「さあ、これを着て早く逃げよう!」



DSCN3564_R.jpg

DSCN3565_R.jpg
[黒ハート]ピーターの妹たちはいつも仲良し、今日もピクニックへ。



DSCN3562_R.jpg


DSCN3563_R.jpg
[黒ハート]いたずら者のピーターラビットはお母さんから「行ってはいけない」という言いつけをやぶってマクレガーさんの畑に忍び込みました。
あんなにお母さんに注意されていたのにね。



DSCN3560_R.jpg

DSCN3561_R.jpg
[黒ハート]マクレガーさんに隠れて畑の人参にかぶりつくピーター
マクレガーさんピーターパイの中味にしようと、何時も狙っています。



DSCN3558_R.jpg

DSCN3559_R.jpg
3匹はピーターの妹たちです。
ピーターやお母さんと一緒に大きな木の下の砂穴の中で暮らしています。



DSCN3566_R.jpg

DSCN3567_R.jpg
[黒ハート]プリンスエドワード島で見つけた「赤毛のアン」のお皿です。
マリラマシューの待つ家へ、いそいそと戻るアン・シャーリーです。



DSCN3569_R.jpg
柱に横木を渡してフックに掛けて飾りました。
これで毎日ピーターラビットがお出迎えしてくれます。



DSCN3555_R.jpg
裏はこんな感じになっていいます。
ピーターラビット
の皿を飾るのに何かいいものはないかとネットで探していたら、安くて良い製品を見つけました。
フックなどに引掛けられて柱や壁にお皿等が飾れるのでとても便利です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイント10倍】JES プレートハンガー No.1
価格:270円(税込、送料別) (2017/6/18時点)

この皿飾りプレートハンガー
「東急ハンズ楽天市場店」で購入しました。

お皿の大きさに合わせてNo.0からNo.4まで有ります。




今回のオーストラリア1周語学研修旅行の訪問地は
シドニー湾クルーズと2階建てバスでの市内観光。
そしてメルボルン砂金採集体験が出来るバララットです。




DSCN2165_R.jpg
シドニーのオペラハウス
2006年に小澤征爾さんが指揮をされています。


DSCN2163_R.jpg
シドニー湾に架かるハーバーブリッジ
日本人の建築家によって完成されました。
現在は橋の上を歩いて渡るツアーも有ります。

DSCN2182_R.jpg
ルナパークはハリウッド映画の舞台にもなりました。
ルナとは月を意味します。

DSCN2168_R.jpg
都会のオアシス、タロンガ動物園
コアラエリア。

DSCN2173_R.jpg
近代的なビル群をバックにしたキリンの子供

DSCN2176_R.jpg
ミーアキャット

1497790003HCDfo7268Frtfmk1497789933.gif
タロンガ動物園の花々。
花はオーストラリアに咲く美しいジャカランダです。
薄紫色の花は日本の桜の木の様に、木にびっしりと付き見ごたえが有ります。



DSCN2187_R.jpg

DSCN2196_R.jpg
シドニーの街を赤い2階建のバスで巡りました。

DSCN2191_R.jpg
ビル全体が緑でおおわれている有名な「ガーデンビル」には圧倒されました。

DSCN2194_R.jpg
オーストラリアは12月が真夏。
これはビールケースで作られたサンタさんです。
実にオーストラリアらしいですね。



DSCN2234_R.jpg
メルボルンのバララットに有る、ソブリンヒルです。

DSCN2235_R.jpg
金を探し当てたら持ち帰る事が出来るので、子供も大人も夢中で金堀りを体験しています。

DSCN2236_R.jpg
毎日沢山の観光客が訪れ、にぎわっています。

DSCN2255_R.jpg
ここでは当時の服装をした大勢の人たちが、当時の仕事をして見せてくれます。
まるでタイムスリップしたかの様でした。


DSCN2248_R.jpg
生徒たちも記念撮影[黒ハート]






PHTO0054バナー.jpgにほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ

ブログランキング参加中。下のボタンをプッシュしてね。


                   にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ


nice!(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の2件 | -